健康な体を目指し一生の趣味を見つけるべく今日も全力妄想中。

散漫ライフ

やり直しの英語

今月の英語多読記録(6)10万語達成

投稿日:

今月の英語多読記録(6)

  • 図書館絵本(11冊)
  • 今月の合計:11冊
  • 今月の総語数:33,429語
  • これまでの累計:131冊
  • これまでの累計語数:118,453

気がついたら10万語達成していました。
ここまですべて無料でやってきました。やればできる!

ペースがだいぶ落ちてきてしまいました。
というのも図書館で読む絵本がだんだんなくなってきたのです。
ここのところ次はどんな多読の取り組み方がいいのかと模索していました。

やはり”graded reader”かなあとか、講談社のシリーズかなあとかと本屋を巡りましたが、パラパラページをめくってもいまいちおもしろそうではなくて、お金を払うのに躊躇してしまいます。

そんな中で「Bailey School Kids」という薄い子供向けのペーパーバックを図書館でみつけました。

字が多く、イラストもたまにしか入っていない本で少しレベルが上がった感じです。
図書館で手に取ってざっと見るとやや見慣れない単語や言い回しも多くて「大丈夫かな」と思いましたが、図書館ならタダだし、無理だったりつまらなかったら読むのを止めればいいだけと気楽に考えて借りてみました。
実際読んでみると単語の意味が分からないものは多いもののストーリーは絵本よりも展開があって面白く、なんとか「日本語には訳せないけど言っている意味は分かる」みたいな感じです。

読了後SNSに載せてみると、イギリス人の方が「懐かしい!子供のころ毎日学校の図書館に行っては、次のシリーズがないか探して読んでいたよ!」という名作のようでした。

やはりネイティブの子供を夢中にさせるような本の方が、読んでいて楽しいし、出てくる表現も自然なのだと思います。

”graded reader”のような本はどうも「お勉強感」があって、この歳になってもうお勉強はいいかなと思ってしまいます。

たまたま「Bailey School Kids」シリーズが図書館にあったので、全シリーズ読んでみようと思っています。
もちろん、無料図書館にもありますよ。

  • この記事を書いた人

バード風見

ヨワイアラフォーを越えたabove40 アバフォーおじさん。 何でもやってみないと気がすまず、あっちフラフラこっちフラフラと散漫な日々。 一生の趣味を見つけるべく今日も全力妄想中。 健康で文化的な最低限の人間生活と健康なカラダを取り戻すために 断酒、はじめました (。・_・。)ノ

-やり直しの英語

Copyright© 散漫ライフ , 2019 All Rights Reserved.